各種保険取扱い・交通事故・労災 
予約優先・提携駐車場あり

ケガ・慢性疾患・トータルケアができる接骨院

公式LINE
Instagram
TEL
MAP
症状

ドケルバン病(de Quervain病)

ドケルバン病(de Quervain病)

ドケルバン病は手首の親指側で起こる腱鞘炎の事を言います。

手首を小指側に倒すと痛い。親指を動かすと痛い。親指の付け根が腫れている。など日常生活でも特によく使う親指が痛みで使えなくなり、大変お辛い症状です。

原因

日常的な母指(親指)の使い過ぎなどにより、短母指伸筋腱や長母指外転筋腱で摩擦が生じ、炎症が進行することで腱の肥大、腱鞘の肥厚し、発症する狭窄性腱鞘炎です。

炎症が強くなると腫れが手首のあたりに出てきて、親指や手首を動かした際に痛みと、キシキシとした捻髪音が聞こえることがあります。

 

手を酷使する方になりやすい腱鞘炎スマホを親指で操作する。(スマホ腱鞘炎)
PC作業で手を酷使する。
仕事で日常的に親指を酷使する。(美容師・料理人など)
ピアノなどの楽器で指を酷使する。
テニスやゴルフなどのスポーツで負荷がかかる。

骨折などによる骨の形態的な変化(尺骨頭の亜脱臼や不安定性、尺骨の+バリアント)が発症に関与することがあります。

また、妊娠・出産の際にはプロゲステロンが多くなり、エストロゲンが少なくなります。これらの女性ホルモンの変化により腱鞘炎になりやすい状態となっている事と、子供を抱き上げるなどの負担から腱鞘炎になる方が多いです。

閉経後のエストロゲンの減少も同様の変化を生じます。

拝島メディカル接骨院での施術

 

ドケルバン病になりやすい姿勢の方は、猫背・巻き肩の方です。

猫背・巻き肩になると上腕骨が内旋するのに伴い手首が小指側に傾きやすく、親指が内側に捻じられて持続的に腱が突っ張りやすい状態になります。

この状態で手を酷使すると発症しやすくなります。

炎症を起こしている腱には立体動態波や微弱電流により痛み、炎症を和らげ、筋膜のつながりから原因となる筋肉を特定し、手技による筋膜リリースと猫背、巻き肩矯正を行っていきます。

炎症部位の治療と、姿勢の改善を一緒に行うことで症状の軽快が早くなります。

また腫れがあるような炎症の強い場合は固定も有効となります。包帯固定やテーピングなどわかりやすくレクチャーしていきます。

手の腱鞘炎・ドケルバン病でお悩みのでしたら拝島メディカル接骨院へご相談ください🙌

拝島メディカル接骨院
昭島市松原町4-14-10 万世ビル2F
(JR拝島駅南口 徒歩1分)
TEL 042-519-6235

受付時間
日祝
9:00 ~ 12:00
14時まで
15:00 ~ 19:30

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 離断性骨軟骨炎(OCD)

  2. ぎっくり腰(lumbago)

  3. 顎関節症(temporomandibular joint disorder)

PAGE TOP
TEL
MAP