各種保険取扱い・交通事故・労災 
予約優先・提携駐車場あり

ケガ・慢性疾患・トータルケアができる接骨院

公式LINE
Instagram
TEL
MAP
症状

変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)

変形性膝関節症
Osteoarthritis of the Knee

へんけいせいしつかんせつしょう
変形性膝関節症とは

変形性膝関節症(Osteoarthritis of the Knee)は、膝の関節軟骨の変性や磨耗により関節が変形していく症状です。一般的に加齢とともに進行します。軟骨は再生がしにくい組織となるため、一度摩耗した軟骨は元には戻りません。関節軟骨の摩耗により関節が炎症を起こし、関節に水が溜まったり、歩行時に痛みが出てきます。症状の進行とともに軟骨がすり減り、軟骨の下の骨まで削られていき関節が変形していきます。

主な症状

変形性膝関節症の主な症状には、
〇 膝の痛み
〇 腫れ(膝に水がたまる)
〇 曲げ伸ばしの制限
〇 関節の変形(O脚)
などが起きます。

変形性膝関節症の初期は動き出しの痛み(始動時痛)が起こります。
立ち上がる時に痛みがでて、歩き出すと大丈夫といった症状が多く訴えられます。痛みは通常内側の関節の間(関節裂隙)に出ることが多いです。
症状の進行とともに活動中や日常生活の動作(歩行、階段の上り下り、正座が出来ない、伸ばせないなど)で痛みが出るようになります。また関節の適合性も悪くなり、筋力も低下すると、歩いていて膝がカクっとなることがあります(膝崩れ)変形性の関節症の末期では関節の変形が強くなり、O脚になっていきます。

加齢、遺伝的要因、肥満、関節への過度な負担、怪我による半月板・靭帯の損傷、運動不足による筋力低下などが変形性膝関節症のリスク要因とされています。

診断

診断は整形外科でX線撮影し、関節裂隙の狭小化、骨嚢胞、軟骨下骨の骨硬化、骨棘を確認し診断となります。

当院では関節裂隙の触診、O脚の評価、可動域検査、関節水腫(水が溜まる)テスト、症状などを合わせて判断していきます。

治療

〇 物理療法
〇 徒手療法
〇 運動療法
〇 体重コントロール
〇 投薬・ヒアルロン酸注射
〇 手術

拝島メディカル接骨院の施術

拝島メディカル接骨院の変形性膝関節症に対する施術では、痛み腫れに対してハイボルテージ治療機、立体動態波、微弱電流を使って軽減させていきます。また徒手療法により、関節の離開操作や可動域訓練、筋膜リリース、骨格調整などで膝の負担を軽減させていきます。
筋力低下には、運動療法の指導や、EMS(電気刺激による筋力トレーニング)で筋力をつけていきます。筋力は体重コントロールにも必要になってきますので、早めに適切な運動を行えるようにしましょう。

 

薬物療法では、鎮痛剤、抗炎症薬、ヒアルロン酸関節内注射が使用されることがあります。
進行が著しい場合には手術(例:人工関節置換術)が検討されることもあります。

軟骨の摩耗や関節の変形は起こってしまうと修復は難しいですので、気になる症状がある方は拝島メディカル接骨院へご相談ください。

関連記事

  1. 足関節捻挫

  2. 野球肘

  3. 外側上顆炎

PAGE TOP
TEL
MAP