各種保険取扱い・交通事故・労災 
予約優先・提携駐車場あり

ケガ・慢性疾患・トータルケアができる接骨院

公式LINE
Instagram
TEL
MAP
症状

ぎっくり腰(lumbago)

ぎっくり腰とは?

突然腰に激痛が走るいわゆる【ぎっくり腰】は、病名では急性腰痛症といわれ、動作や不適切な姿勢が原因で急に腰に痛みや違和感が生じている状態です。診断の結果からは重い症状ですが、多くのぎっくり腰は、腰に特別大きな負担をかけたわけでなく、普段の何気ない動作で起きるのも特徴です。おふろの掃除をしている時、振り向いた時、くしゃみをした時などでも起こりえます。ふとした動作で痛みが走り、ひどい時にはその場から動けなくなってしまうのです。

ぎっくり腰は早めの治療が大切です

ぎっくり腰の原因の多くは不良姿勢により負担のかかっている背骨の関節や腰を支える筋肉です。症状はおおよそ1週間前後で、痛みが引くことが多いですが、少しでもそのつらい痛みを早く取り除くためには早めの治療がなにより大切です。適切な処置をしなければ悪化するだけでなく、慢性腰痛や椎間板ヘルニア(椎間板が飛び出した状態)になってしまうこともあるのです。

 

症状

1. 急な腰痛

ぎっくり腰の最も特徴的な症状は、急激な腰痛です。突然、腰部に強い痛みが走ることがあります。この痛みは、普段の動作が困難になるほど強くなることもあります。病院に行くと腰椎がずれたことによって炎症が起きている、また椎間板が痛みを出していると診断されることがあります。もしくは骨盤の歪みもよく原因に挙げられます。

2. 腰部の鈍痛、こりや違和感

腰部に強い痛みが生じるだけでなく、ぎっくり腰では腰部の鈍痛やこり、違和感も感じることがあります。どこと指をさせないような痛みは筋肉由来の痛みである可能性が高いです。またそれにより動作の制限や不自由さを感じることがあります。

3. 腰から下肢にかけての痛み

ぎっくり腰が進行すると、腰から下肢にかけての痛みやしびれが生じることがあります。これは炎症が起こった場所からの放散痛であることが多いです。特に腰から足にかけての放射痛がみられることがあります。また、腰から出た神経に炎症が起きたり、神経が引っ張られることにより足の神経痛として痺れや感覚・筋力低下を起こすことがあります。

4. 動作制限

ぎっくり腰の症状が強い場合、家事や仕事だけではなく普段の日常生活動作に制限が生じることがあります。特に、腰の曲げ伸ばしや体を捻るような動作が難しくなることがあります。

 

注意点

ぎっくり腰は、自己流での対処が逆効果になることもあります。症状が続く場合や、重篤な場合は早めに専門医の診察を受けることが重要です。自己判断せずに、専門家の指導のもとで適切な治療やリハビリテーションを受けることが、早期回復への近道です。

ぎっくり腰に関する詳細な情報や治療法については、拝島メディカル接骨院までお気軽にお問い合わせください。

LINEで予約

ギックリ腰にもタイプがある

ギックリ腰にも前屈みが痛いや反らすと痛い、座ってると痛くなるや立ち上がりが痛いなど症状も人により様々ですが、これらの痛みはそれぞれ痛みが出ている場所が違います。これらの痛みの原因となる場所を特定することがギックリ腰を最短で良くするためには必要になってきます。

  • 筋筋膜性腰痛症
  • 椎間関節性腰痛症
  • 椎間板性腰痛症
  • 仙腸関節性腰痛症
  • 複合性腰痛症
  • その他椎体での骨折や炎症性疾患
  • 婦人科疾患など

拝島メディカル接骨院ではこれらのタイプを検査により鑑別して経過などをご説明してから施術していきます。

 

ぎっくり腰のプロセス

ぎっくり腰の原因の多くはタイプは違えど筋肉・筋膜にあると言っていいでしょう。人間の筋肉は絶えず機能しています。歩いていても、立っていても、座っていても、止まって姿勢をキープするのにも無意識に筋肉を使っているのです。そして筋肉は負担が蓄積すると内部の血液の循環が悪くなります。
筋肉は力を抜いている時は柔らかく、力を入れる時に硬くなる特徴があります。しかし血流が悪くなると筋肉に必要な酸素が不足して、力を抜くことができなくなります。さらに血流が悪くなった筋肉は硬くそして緊張した状態となります。結果、ふとした動作で筋肉がけいれん(筋肉がつってしまう状態)を起こします。これが痛みに至るプロセスです。ぎっくり腰の原因が筋肉によるものと言われるのはこのためです。

筋肉が硬く、血流の悪い状態だと関節の動きも悪くなり関節は圧縮されます。関節が圧縮されるということは背骨の間にある椎間板と背骨自体も圧縮されているということです。

拝島メディカル接骨院の施術

当院では原因の筋肉・筋膜の治療の前にまず痛みの場所を特定することから始めます。問診や検査、触診など総合的に診断します。普段の生活で負担がかかる動作や姿勢をお聞きし、痛みが出る動作を確認、原因となる筋肉・筋膜へ治療を行います。
酸欠になり痛みを出している筋肉(トリガーポイント)を突き止めて、このトリガーポイントに対して血流を改善する治療を行いながら痛みを取り除きます。
ぎっくり腰は、症状が強い場合に動けなくなることもあります。日常生活動作でも負担になってしまうため、特に椎間板症や仙腸関節性腰痛症などは初期の症状でコルセットをおすすめする場合があります。しかし、ベッドで安静にしているだけではかえって悪化させてしまうこともあるので、痛みが引いてから治療を開始するのではなく早期に治療を行います。痛みが出ない範囲で少しずつ動かしながら早期回復を図ります。

当院の治療は痛みの原因に直接アプローチして効果を高めますので初めての方もお気軽にご相談ください。

LINEで予約

拝島メディカル接骨院
昭島市松原町4-14-10 万世ビル2F
(JR拝島駅南口 徒歩1分)
TEL 042-519-6235

受付時間
日祝
9:00 ~ 12:00
14時まで
15:00 ~ 19:30

 

関連記事

  1. 離断性骨軟骨炎(OCD)

  2. ぎっくり腰(lumbago)

  3. 顎関節症(temporomandibular joint disorder)

PAGE TOP
TEL
MAP