各種保険取扱い・交通事故・労災 
予約優先・提携駐車場あり

ケガ・慢性疾患・トータルケアができる接骨院

公式LINE
Instagram
TEL
MAP
症状

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎(calcific tendinitis)

石灰沈着性腱板炎は石灰が肩関節腱板(肩のインナーマッスル)に沈着することにより引き起こされる肩関節の強い痛みと運動制限を主訴とする疾患である。以前は明らかな誘因がないことや、40~50歳代に多いことから四十肩、五十肩に含まれていたが、近年では特徴的な症状とレントゲンで石灰沈着を認めることにより独立した疾患として考えられている。

 

石灰はなぜ溜まるの?

肩関節のインナーマッスル(特に棘上筋)は肩関節の狭いスペースを通っており、猫背の姿勢や巻き肩になると、腱が捻じれたり、関節がぶつかりやすくなることにより筋腱は炎症し変性を起こします。炎症し変性を起こした場所は身体のpH(酸‐塩基機構)がアルカリ性に偏ることにより、カルシウム塩が蓄積し沈着してしまいます。

特徴的な症状

  • 耐え難い肩の激痛
  • 夜間痛(横になれないほどの)
  • 運動制限(痛みによって動かせない、動かしたくない)

経過による分類

急性型まったくの無症状だったものが1週間以内に激痛を伴って発症する。痛くなるのも急だが、治るのも早い傾向。早ければ1週間ほどで痛みの消失と肩の運動が可能になる事も。

亜急性型:1週~3か月前よりなんらかの痛みを自覚していて発症する。

慢性型:3か月以上痛みが持続するものの、症状の増悪を伴わない。腕をあげると肩に痛みが出る症状が主な症状。

拝島メディカル接骨院の施術

石灰沈着性腱板炎の治療は、一番痛みの強い時期は肩に極力負担のかからないように固定をします(三角巾など)負担の少ないポジションにすることで痛みを減らし、回復を助けます。炎症を早期に回復させるために微弱電流や、痛みを緩和させるために立体動態波や、ハイボルテージを使って施術していきます。また、強い痛みのために肩関節周囲の筋肉はガチガチに緊張します。この緊張がさらに痛みを増強していきますので、痛みのない範囲での手技を行っていきます。

痛みが軽快してきたら可動域の確認と姿勢のチェックを行い、体操療法の指導と、痛みの出やすい姿勢を改善していきます。痛みがなくなっても、痛みが出た原因を改善しないとそのまま四十肩・五十肩のような症状が繰り返し起こりやすくなります。

特に良くない姿勢は猫背、巻き肩です!

猫背になって腕を前からあげてみて下さい。腕が耳につくまで上げられなくなります。肩の関節がぶつかりやすくなり、炎症を起こしやすい状態となっているのです。しっかりと改善していきましょう!

拝島メディカル接骨院
昭島市松原町4-14-10 万世ビル2F
(JR拝島駅南口 徒歩1分)
TEL 042-519-6235

受付時間
日祝
9:00 ~ 12:00
14時まで
15:00 ~ 19:30

LINEで予約

 

痛みの病態

第1期(静止期):石灰沈着が県内に限局している時期
石灰分はあるものの痛みは少ない時期、動かし方によっては軽い痛みがでる。レントゲンで偶然発見されることもある。

第2期(膨隆期):腱内に静止していた石灰が腱板(筋腱)を突き破り肩峰下滑液包まで膨隆してくる時期
この時期は石灰沈着物による刺激で強い炎症を伴い、特有の耐え難い激痛を訴える、また強い夜間痛により寝れなくなります。痛みで腕はほぼ動かせないでしょう。

第3期(流出期):腱板内から膨隆した石灰分が自然に、またはわずかな負担で肩峰下滑液包を突き破り流出する時期
痛みもピークに達するが、流出した石灰分は肩峰下滑液包に吸収されていき痛みも消失してくる。

 

 

 

 

関連記事

  1. 離断性骨軟骨炎(OCD)

  2. ぎっくり腰(lumbago)

  3. 顎関節症(temporomandibular joint disorder)

PAGE TOP
TEL
MAP